銀行を辞めたいと一度でも思った人への後悔のない退職方法

銀行を辞めたいキャリア

銀行員であれば誰でも一度は“銀行を辞めたい”、“違う会社に転職したい”と思ったことがあるのではないでしょうか。

辞めたいと思う理由は、業務がつまらないということであったり、人間関係がうまくいかないということであったり、さまざまあるかと思います。

今回は、退職を検討するにあたっての検討事項、後悔のない退職方法についてご紹介させていただきます。

<コミュトレ公式サイト>短期間での劇的なビジネススキル向上で話題|まずは1分で予約完了の無料アドバイス

1. 辞めたい理由を明確にする

(1) 業務内容が合わない

銀行の業務が合わないというのも、辞めたい理由としては多いのではないでしょうか。

業務を進めるにあたって細かい点が多かったり、マニュアルに沿った対応が求められたりと、なかなか自分で考えたように業務を遂行していくことができないことも銀行業務のストレスの要因かもしれません。

また、新しい部署に異動したばかりのころは、業務内容もガラッと変わり、わからないことばかりになるので、辞めたいと考える方もいるかも知れません。

そんな時は、業務が合わないのか、慣れていないからうまくできないのかを慎重に見極める必要があります。業務がわかってきたら楽しくなる可能性があるなら、早いタイミングで辞めてしまうのはもったいないかもしれません。

何にストレスを感じていて、どの部分が解消されたら続けられそうか、辞めたい理由を分解して考えてみるといいかもしれません。

(2) 上司が耐えられない

嫌な上司にあたってしまった場合も退職を検討する理由として挙げられるのではないでしょうか。銀行は異動が多いので、同じ人と一緒に働く期間は他の企業に比べたら短いかもしれませんが、嫌な上司のもとで働くのは、短い期間であっても辛いものです。

職場の人間関係は退職理由として1番に挙がることであり、モチベーション高く働いていく上ではとても重要なことです。人間関係を改善する余地があるのかどうかよく考えることが必要ではないかと思います。

(3) 不遇の時

「どんなに頑張っても上司から認められない」、「上司が年下で自尊心もプライドもズタボロ」等、不遇の環境にいる時も銀行を辞めたいと思う時かもしれません。

銀行員をやっていると誰にでも一度はそういった不遇の時代が来ると思いますが、いつかは好転すると思っていても、不遇の真っ只中にいる時は結構つらいものです。

ただ、どんな不遇の時でも腐らずにしっかり取り組んでいると、必ず見てくれている人がいます。例えば、次長・課長が酷すぎて辛い、という時でも、継続して努力をしていると、部長や支店長が見ててくれているものです。

【少しの努力でキャリアを好転させる鍵は…。】まずは無料カウンセリングでご確認ください|マジキャリ公式サイト

2. 真面目に辞めるべきことを考える理由

(1) 異動して次に行きたい部署・ポストがない

銀行の異動は運によることも多く、なかなか思い通りにはいかないものです。

一方、もしどこでも好きな部署・ポストに異動できたと仮定した場合に、行きたい部署・ポストが一つもない場合は辞めることを本格的に考える時かもしれません。

異動の希望は100%叶うわけではありませんが、銀行に勤める以上、目指すべきキャリアをある程度描きながら日々過ごすべきではないでしょうか。

今は、違う業務をやっていたとしても、将来的に大企業向けの営業をしたい、海外で勤務したい、M&Aに関わる業務に携わりたい等、おおまかなキャリアの方向感は持っておくべきです。

銀行内にロールモデルとなるような人がいない場合も、真剣に退職を検討してみてもいいかもしれません。

(2) 本当に上司と合わず耐えられない

本当に今の部署の上司と合わない場合も、真剣に退職を検討してみてもいいかもしれません。銀行は平均3年程度で異動が繰り返されるため、同じ人と働く期間は1年超といったところです。

当然、上司も同じ、平均すれば1年超程度で上司が変わることになります。

(3) 直感的に天職と思える仕事が見つかった

もし、他に天職と思える仕事を見つけることができたなら、辞めたい気持ちを抱えながら、銀行員を続けていくことはあまり得策ではないでしょう。

誰もが自分に合った仕事を探していると思いますが、なかなか天職と思える仕事に巡り会うことはできません。もし直感的に天職と思える仕事を見つけることができたのであれば、勇気を出してチャレンジしてみる価値は十分あるのではないでしょうか。

3. 退職方法

(1) 転職の準備をする

退職に向け、1番わかりやすいのは転職活動をすることでしょう。

転職すれば、合わない業務や嫌な上司等、今ストレスに感じていることを一気に変えることができます。また、転職活動はそれなりの体力・気力が必要になるので、辞めたいという思いが強いほど、転職への行動力が湧いてくるのではないでしょうか。

意外に、銀行に少し不満を持っている程度だと、転職活動の大変さが上回り、このままでいいかと銀行に落ち着いてしまうことが結構あります。

銀行への強いネガティブな気持ちを、転職活動のパワーとすることで、一気に状況を改善させられる可能性があります。

(2) スキルの向上を図る

退職に向け、自分のスキルの向上に努めることも重要でしょう。特に、辞めたい気持ちが強い際は、自分が本当は何をしたいかが明確になることが多く、どのようなスキルアップに取り組めば良いかがわかりやすくなります。

苦しい時期であっても、長い目での自分のキャリアゴールを見据え、自己啓発として研鑽を積むことが重要でしょう。

【短期間で必要な英語力を獲得する秘訣は…】まずは無料カウンセリングでご確認ください|プログリット

まとめ

今回は、銀行員であれば誰もが一度は思ったことがある“辞めたい”について書かせていただきました。

銀行を辞めたいと思っている場合、ストレスに感じていることが、解決できる問題なのかそうでないのかを明確にする必要があるかと思います。

複数の要因から退職を検討していると思いますが、要因を分解して、解決方法があるのか、どうしようもないことなのかを明確にすることはとても重要ではないかと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました